プチ整形が流行しているここ日本におきましても、次第に本格的な美容整形を受ける女性が急激に増えてきています。
やはり美しさに敏感な女性は少しでも自分をキレイに見せたいということで、積極的に美容整形を受けているのです。 Qスイッチヤグレーザーはレーザー光の照射時間が非常に短くなっていますので、色素性病変治療に大変優れています。
安心して受けることができ、術時間も非常に短く身体に負担をかけてしまうこともありません。

 

レーザーの光エネルギーは、特定の色素に反応をすることによって吸収させていく性質を持っています。
徐々に破壊をしていくことで美しいお肌を取り戻すことができレーザーはメラニン色素に対して効果を発揮します。Qスイッチヤグレーザーというのは2種類の波長が存在しており、色素選択の幅が広くなっているのが大きな特徴です。
数々の悩みを改善してくれる効果的なお肌トラブルの改善方法として人気を集めています。



スイッチヤグレーザーを施術することで悩みのしみやあざを除去ブログ:19年01月29日

GoodAfternoon!

シェイプアップ中は、
おやつは控えた方が良い!
というのは、わかっているんですが、
なかなか我慢できませんよねぇ〜?

で、あたくしは考えてみました…

「おやつを食べたーい!」という人の頭の中は
「おやつ」→「美味しい」→「幸せ」
というイメージの連鎖ができていますよね。

だから、ウエストが空いていなくても、
おやつのパッケージを見たり、イメージするだけで、
甘い味や匂いや食感を思い出して
食べたくなってしまい、ついつい手が出てしまうのです。

実際、
おやつを食べている時には
確かに美味しくて、
一時的に幸せな気分になるかもしれません。

しかし実際には、
食べ終わった後から、後悔と罪悪感が始まりませんか?

そうやって食べられた食物は、
ストレスとなってエネルギーとして発散されにくく、
その結果、脂肪になりやすくなるみたいですよ!

これって全然幸せなことじゃないですよね?

つまり
「おやつ」→「美味しい」→「幸せ」
ではなく
「おやつ」→「罪悪感」→「脂肪」→「不幸」
なのです!

だから、
おやつのパッケージを見ながら、
食べてしまって後悔したことを思い出し、
そのイメージが常に思い出されるようになるまで、
何度も反復してイメージすれば良いと思うんです。

太っている自分のウエストを写真に撮るなんていうのも、
効果的かも…

何度も何度もおやつのパッケージを見たあとで、
後悔した思いや太った写真を見て、
「おやつ」→「不幸」
というイメージを徹底的に焼きつけるのです。

そうすれば、
おやつのパッケージを見ても、美味しそうな匂いを嗅いでも、
「もうあんな思いするのは嫌だ!」と思って
手が出なくなるんじゃないでしょうか?