昔から美容整形はここ日本でも行われてきていましたが、最近になってその人気に拍車がかかってきました。
美容整形と言えば韓国が世界的にも有名ですが、日本でも最先端の技術によって理想的な美を叶えることが出来るのです。 ジェネシスレーザーでしたら、お肌の代謝が向上するために、ニキビが出来にくく、毛穴開きやくすみも改善することでしょう。
ニキビ跡や赤ら顔などに効果的となっており、様々なお肌トラブルの解消に期待をすることが出来るでしょう。

 

ジェネシスレーザーで真皮のコラーゲン生成を促し、悩みの小ジワを改善させます。
毎日の脱毛処理の手間を多少なりと軽減することができ、無駄毛を防止する効果が認められています。これまでのYAGレーザーから効果と安全性を向上させているのが新世代のレーザーシステムとなります。
理想的な美肌が作ることができ、シワを解消することに不可欠なコラーゲンを増やしていきます。





藤丸敏についてのサイト
藤丸敏はこちら
URL:http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2014/profile/YTPSRLYC91001XXX006.html


レーザーシステムの最新鋭とも言えるジェネシスレーザーブログ:18年12月10日

ぐっどあふたぬーん♪

読者様は
「脂肪=体に悪いもの」と考えていませんか?

しかしそれは間違いで、
脂肪は人間が生きて行く上で、
とても必要なものなんですよ!

例えば、
エネルギー源になったり、内臓を守るクッションの役割になったり、
寒さをやわらげるための体温調節をしたり…など、
私たちが生命を維持するために欠かせない存在です。

ただ
増えすぎてしまうと生活習慣病の原因になりますし、
極端に少なくなると適正範囲を守るのが理想的です。

「皮下脂肪」と「内臓脂肪」は
両方とも体の中にある脂肪、いわゆる体脂肪ですが、
皮膚の下にたまるものを「皮下脂肪」、
内臓の周りにつくものを「内臓脂肪」といいます。

脂肪が必要以上に体にたまりすぎると肥満になりますが、
お尻や太ももなどの下半身に脂肪がつくのが、
「洋なし型」と呼ばれる皮下脂肪型肥満、
腹の周りに脂肪がつくのが
「リンゴ型」と呼ばれる内臓脂肪型肥満となります。

一般的に、
男性はリンゴ型の内臓脂肪型肥満になりやすく、
女性は洋なし型の皮下脂肪型肥満になりやすいといわれています。

特に、
内臓脂肪型肥満は
生活習慣病の原因になりやすいので注意が必要です。

ですが、
内臓脂肪の方が皮下脂肪に比べ
「つきやすいけれど落ちやすい」という特性があるので、
日々のご飯と運動の習慣を見直すことで
落としやすい脂肪でもあるのです。

腹の周りに脂肪がつきすぎて
落としにくくなってしまう前に
ご飯内容を改善して、
適度な運動をする習慣を見につけたいものですね。