女性というのは何歳になっても美しさを求めているものであり、多少なりとも努力をして美しさを保っていることでしょう。
しかしどうしても解決することの出来ない美容の悩みは思い切って美容整形をして最高の美しをさを実現させましょう。 照射スポットがアキュチップでは直径6.35mmと小さくなっているのが大きな特徴の一つです。
正常組織に悪影響を与えてしまうことなく施術を進めていくことがお肌の広い範囲に無駄な光が照射されませんので可能なのです。

 

アキュチップは、メラニン色素とヘモグロビンに対しての吸収率というのが非常に高い500〜635nmの波長があります。
悩みのメラニン色素を除去していき、しみやそばかすなどをターゲットとなる場所に照射をすることで、改善できます。アキュチップというのは、これまでのフォト治療器では、反応し難かった色素の薄いしみに効果があります。
理想的な美肌を実現することがきっとでき、諦めていたしみもこれで改善をすることができることでしょう。





ウォーターサーバーチェック
ウォーターサーバー
URL:http://www.frecious.jp/


光治療機器の中でも最先端のアキュチップブログ:18年10月24日

こんちわっすー

みなさまは
「脂肪=からだに悪いもの」と考えていませんか?

しかしそれは間違いで、
脂肪は人間が生きて行く上で、
とても必要なものなんですよ!

例えば、
エネルギー源になったり、内臓を守るクッションの役割になったり、
寒さをやわらげるための体温調節をしたり…など、
あたくしたちが生命を維持するために欠かせない存在です。

ただ
増えすぎてしまうと生活習慣病の原因になりますし、
極端に少なくなると適正範囲を守るのが理想的です。

「皮下脂肪」と「内臓脂肪」は
両方ともからだの中にある脂肪、いわゆる体脂肪ですが、
皮膚の下にたまるものを「皮下脂肪」、
内臓の周りにつくものを「内臓脂肪」といいます。

脂肪が必要以上にからだにたまりすぎると肥満になりますが、
お尻や太ももなどの下半身に脂肪がつくのが、
「洋なし型」と呼ばれる皮下脂肪型肥満、
ウエストの周りに脂肪がつくのが
「リンゴ型」と呼ばれる内臓脂肪型肥満となります。

一般的に、
男性はリンゴ型の内臓脂肪型肥満になりやすく、
女性は洋なし型の皮下脂肪型肥満になりやすいといわれています。

特に、
内臓脂肪型肥満は
生活習慣病の原因になりやすいので注意が必要です。

ですが、
内臓脂肪の方が皮下脂肪に比べ
「つきやすいけれど落ちやすい」という特性があるので、
日々のご飯と運動の習慣を見直すことで
落としやすい脂肪でもあるのです。

ウエストの周りに脂肪がつきすぎて
落としにくくなってしまう前に
ご飯内容を改善して、
適度な運動をする習慣を見につけたいものですね。